広島県 S.T 様

08-0020-09

サブ画像

作品データ

応募日
2013年3月26日
製作日数
約3日間(長女宅バルコニーデッキ)、約4日間(次女宅ウッドデッキ)
製作費用
13万円(長女宅バルコニーデッキ)、10万円(次女宅ウッドデッキ)
DIY歴
20年間(ただしデッキの経験なし)

使用した商品

ウリン ... 長女宅バルコニーデッキ
ウリンとサイプレス(フェンス板) ... 次女宅ウッドデッキ

作品タイトル

新築祝いのウッドデッキ

作品のコンセプト

新築中の長女の家を見ると、デッドスペースになりそうな所があり、何気なくホームページを見ると、なんと20年以上腐らない木がある、そしてリーベという会社があることを知った。
早速サンプルを取り寄せて現物を手にしたとたん、「この木で何か作ってみたい」との思いになり、この半年間で3回に分けて娘(二人)の家のデッキを作り、良い新築祝いとなった(最後の3回目は明日から工事)。

応募者のコメント

■長女宅バルコニーデッキ
バルコニーは屋根付きであるが、「どうせ作るならーー」と思い迷わずウリンを注文した。反り曲がりなど心配であったが予想外の良い品質である。ただ、総重量330kgにびっくり。というのは、我が家のガレージでプレカット加工して、2キロ離れた長女宅で乗用車で運ぶ計画だったからである。切断などは普通の木と大差は感じなかったが、数多い下穴加工は根気が必要だった。だが、これらの苦労はDIYでは楽しみでもあり、完成したときの感動は格別である。
■次女宅ウッドデッキ
実は広島に住む次女もウッドデッキ付きの家を新築中であったが、完成1ヶ月前になって「当初計画の樹脂木ではイメージ通りの形にならないので、お父さんに天然木で作って欲しい」とのこと。次女は長女宅のデッキを見て、天然木の良さを感じたのだと思う。
~私のデッキ作り~
1.束柱が立つ面の高さを水盛り管(自作)で測定し、束柱1本1本の長さを計算して切断する。
2.根太は束柱の上に乗せる。
3.根がらみは付けず、必要に応じて筋交いなどを付ける。
4.丸ノコ1回で切れる厚み(50mm以下)の木しか使わない。
5.材料到着後、反り曲がりを測定し、使う場所と使う時の反り曲がりの方向を決める。
6.下穴加工は金属用ドリルを使う。