東京都 長谷川様

サブ画像

作品データ

応募日
2018年8月28日
製作日数
100 日
製作費用
500000 円

使用した商品

サイプレス

作品タイトル

Floating Deck in Mitaka

作品のコンセプト

季節の移ろいを眺める、庭の「桟橋」としてのデッキスペース

応募者のコメント

庭は、季節の移ろいを、生活の風景として取り込むことができる、一番身近な自然です。 今回デッキを制作するにあたり、庭の変化を視覚的に取り込みつつ、同時に室内の延長として居心地も確保でき る空間を目指しました。 まず、庭に元々ある樹木を避けるように、デッキの床を計画しました。 室内の床の高さまで鋼製束で持ち上げ、デッキ下に砂利を敷き、植物と少し距離を取ることで、庭を眺められる 桟橋のような浮遊感のあるステージになりました。 ベンチはシンプルに設え、デッキがそのまま庭に繋がるような抜けを確保し、手摺は背もたれとしてもカウンタ ーとしても使えるように、ベンチを囲い込むように設えました。 加工しやすいサイプレス材を用いたことで、全体として細かい造作が容易に行えました。 少し時間が経ち、デッキ材は少しずつグレーに変化し、庭の風景に馴染んできました。 これからも、庭の自然とともに時を重ね移ろいゆくことを楽しみにしています。