宮城県 今泉様

07-0024-03

サブ画像

作品データ

応募日
2011年12月1日
製作日数
約20日くらい
製作費用
基礎コンクリートを含まず約45万円
DIY歴
7年程度

使用した商品

ウッドデッキ:イタウバ、板塀:ウリン

作品タイトル

欲張りウッドデッキ

作品のコンセプト

大型でゆったりでき、耐久性があり、日差しと日よけの両方が楽しめ、便利な収納もある、そんな欲張りなウッドデッキです。

応募者のコメント

7・8年前に業者に米松で作ってもらったウッドデッキの痛みが目立ち始めたため、今回は自作のウッドデッキ作成にチャレンジしました。 全体で約17平米ほどの広さがある、ちょっと大型のウッドデッキになりました。
材料は、耐久性とコストのバランス、そして独特の芳香性からサイプレスを選び、さらに耐久性を高めるため全体にインウッドを塗装しています。 材料の腐食防止として、基礎コンクリートを敷設し、各支柱の下には基礎パッキンを付けることで湿気対策をしています。
突然の雨除けと夏の日差し対策として、ウッドデッキ西側半分にUV効果と耐候性のある透明ポリカ製の屋根を付け、屋根の下には滑車とアクリルロープ、アルミパイプ等で自作した開閉機構で開閉出来るようにしたオーニング(UV遮光カーテンを使用)を付けました。
やはり透明な屋根の開放感はすごく気持ちがよく、オーニングがあると日差しの暑さがぜんぜん違います。 床には、東側と西側それぞれに大物と長物を収納出来る床下収納を設け、扉にヒンジをつけることで開閉しやすくしています。 おかげで、4mほどの余った材料も余裕で収納できます。
G.W.ごろから着手し、主に休日を使っての作業。
夏の暑い時期の作業は大変でしたが、何とか秋ごろまでには完成することが出来ました。 出来上がったときの達成感と満足感は格別で、ウッドデッキで日差しを浴びて風を受けながら乾杯するビールの味も最高です。