ブラジルセランガンバツのウッドデッキとフェンス

実用性、耐久性、解放感を備えた、ウッドデッキ

サブ画像

  • ブラジルセランガンバツのデッキテラス
  • 実用性、耐久性、解放感を備えた、ウッドデッキ
  • 収納庫もブラジルセランガンバで一体感が出ています。
  • 水回りも高耐久なハードウッドでおしゃれに
  • リビングからお庭に続くウッドデッキでデッキライフを満喫できます。
  • 庭へのステップのデザインも調和しています。
  • 公園のカフェのような素敵なデッキテラスが出来ました。
  • 週末に一人での作業で時間はかかりましたが達成感が得られます

作品データ

応募者名
東京都 阪倉様
応募日
2015年11月21日
製作日数
38 日
製作費用
400,000 円
DIY歴
15年

使用した商品

材木、ブラジルセラガンバツー(ガラッパ)、錐込隊長、皿取錐、ジャラオイル、マリンランプ

作品のコンセプト

1. 実用性
2. 耐久性
3. 開放感

応募者のコメント

東京都 K.S 様 半年ほど前に裏庭に自転車置き場を作りました。 材料を何するか少々悩んだ結果,ブラジルセラガンバツー(ガラッパ)を選びました。 まずまず思い通りのものが出来上がりましたが、これで満足しているわけにはゆかず、ウッドデッキ製作が始まりました。 自転車置き場もそうですが、Excelで詳細まで図面を書きました。 これがとんでもなく時間がかかりましたが、CADは使いこなせないためやむなく我慢して続けました。 材料を発注し、いよいよ届く日、トラックの運転手さんと息子と一緒に約800kgの材料を庭に下ろしました。 「こんなに買っちゃって最後までできるだろうか」これが2015年4月15日、最初の感想です。 それからは設計図通りに材料を切っては組み立てていく繰返しでした。 作業は思いのほか身体にはきついものでした。 作業は土日に限られるため、完成したのは2015年11月25日です。 できばえについては十分満足しています。 まだウッドデッキライフを楽しめていませんが、これから楽しみたいと思います。 また、次はフェンスに挑戦しようと考えています。

リーベからのコメント

水場や収納もあり、使いやすそうなウッドデッキです。詳細な設計も描かれたそうで、お疲れ様でした。ブラジルセランガンバツは木肌がセランガンバツに似ており、表面が滑らかで美しく後退区のある木肌です。高耐久なハードウッドでありながら、ウリンやイペよりお手頃価格、安定供給でおすすめの木材です。楽しいウッドデッキライフをお送りください。

関連施工キーワード


13-0007-02