愛知県 佃様

サブ画像

作品データ

応募日
2005年9月22日
製作日数
-
製作費用
-
DIY歴
-

使用した商品

セランガンバツー

応募者のコメント

8年前、ホームセンターで買ってきて組み立てたウッドデッキが、メンテナンスの甲斐もなくボロボロになってしまいました。 今度は長持ちする材料でと思い、リーベのセランガンバツーを使って製作することにしました。
以前のデッキを見てみると、水が入るせいかビスの部分が特に傷みがひどかったので、今回はすべて裏から止めて、ビスの頭が表面に出ないようにしました。 もちろん全てステンレスのコーススレッドを使用し、念のため木材防腐塗料も塗りました。

メンテナンス性とデッキ下部を収納(主にガーデニング用品)にするため、デッキ部分は全てスノコ構造とし、寸法精度を出すため治具にセットしてスノコを組み立てました。 パーゴラ部分は視界の妨げになる柱をつけたくなかったのでバルコニーから吊りさげました。 なんとも不安な構造ですが、イレクターパイプで作ったトラス3箇所で吊ってあります。 ラティス部分の片側は戸車を取り付けて引き戸を作りました。 こうする事で庭の向こう側と 行き来ができます。

初めてのハードウッドは加工が困難でてこずりましたが、ハードウッドならではの仕上がり感は大変満足のいくものでした。