イペのウッドデッキ 神奈川県 T.A 様

サブ画像

作品データ

応募者名
神奈川県 青木勉
応募日
2007年1月20日
製作日数
100日
製作費用
12万円
DIY歴
2回目

使用した商品

イペ(デッキ部)、錐込隊長(コーススレッド)、スーパーウッドステイン(塗料)、
その他:ステッピングストーン

応募者のコメント

ウッドデッキの作成は2回目になります。 今回はアイアンウッド(イペ)を使用して、土のうえに作りました。 まずは土の上ですから地盤を固め、水平をだすのに苦労しました。 その後不安に思いながらもイペ材でのデッキ作成です。 まず驚いたのはすごく重いことでした、その反面これなら丈夫なデッキが出来ると確信しました。 部材を切りコースレッドでくみ上げるのですが、やはり下穴をあけなければ、とても錐込隊長でも入っていきません。 作業工程中にも錐が折れたり、プラスのピットも何本もダメにしました(泣) 多分皆さんが経験するトラブルはすべて経験したと思います。そこでデッキ作成のセットは錐込隊長、スーパーウッドステイン、皿取錐や替えの錐などもついていて、初心者の私にはとても助かりました。 いろいろなトラブルを経て、出来あがった時の満足感は最高なものでした。 ひとつ自慢するとするならば、面材をすべてしたから打ったので表面の仕上がりは綺麗に出来たと自負しています。 あまった端材でデッキにスッテプを作成し、その後、石を置いてみました。 日にちはかかってしまいましたが満足のいく出来ばいでした。また、なにか作りたいと思います。

リーベからのコメント

「ハードウッドの王様」と呼ばれるイペの施工ではその硬さで苦労されたとのことですが、耐久性は抜群の木材ですので、安心して長くご使用できると思います。艶やかな床が美しいですね。

関連施工キーワード