アマゾンウリン、セランガンバツ、イタウバのスカイデッキ 東京都 MK様

サブ画像

作品データ

応募日
2021年2月28日
製作日数
90 日
製作費用
40万 円
DIY歴
25年

使用した商品

アマゾンウリン(デッキ)
セランガンバツ(手摺骨)
イタウバマットグロッソ(目隠しt12)

作品タイトル

目的の異なる2つのスカイデッキ

作品のコンセプト

道路のある南面は目隠しをしながら日向ぼっこできる場所で室外機置場を兼ねて、眺望の良い北側はBBQやハンモックを楽しむ場所で、屋根の点検基地を兼ねる。

応募者のコメント

この土地を選んだ時から決めていた眺望スカイデッキを、ついに実現しました。 家を建てる時に外壁の下地と基礎を工務店に頼んでおいて、引っ越し後の週末工事で骨組みから造りました。 夫婦二人での工事はとても大変でしたが、出来てみれば生活が最高に楽しめる場所になりました。 2階リビングの南面と北面にそれぞれ目的の違うデッキを造り、目隠しを設けてブラインドを開けていられるようにしたことで、リビングが広く感じられます。南面のデッキは目隠し用の板をあえて縦張りとし、上端をR状にすることで家自体の外観に柔らかい表情を与えました。 夏だけでなく冬場も、風呂上がりに展望デッキでビールを飲むのが至福のひと時です。

リーベからのコメント

ご夫婦でDIYされたとのことで、その時間も貴重ですね。事前にしっかりと計画されており、細部までのこだわりが素晴らしいです。目隠しフェンスのデザインもおしゃれです。何より眺望が素晴らしいですね。アマゾンウリンは南米産のハードウッドで、ウリンの代替としても人気です。セランガンバツは国内の公共施設をはじめ、ヨーロッパのホテルなど世界各地で愛用されているハードウッドデッキ材。イタウバは滑らかな木肌と加工性の良さが人気です。

関連施工キーワード